2008年08月10日

【The RLight=Bringer】Chronicle(年表)

AD(西暦)

2100-2200

   基本資本主義経済崩壊と各種資源を巡る紛争が頻発。
   繰り返された国家間統合により、世界は大きく四分割
   される。その後も紛争が止むことはなく、人類は苦難の
   時代を送ることになる。



2215

   新たに設置された国際統合連合機構により、
   統一国家としての『太陽系惑星連合』発足。
   
   宇宙開発を重視、火星のテラ・フォーミング事業開始。
   同時に、停滞していた太陽系内の調査を推進、
   木星衛星エウロパ・イオへのコロニー設置を実験的に
   開始。



2485

   未知の天文現象X611、木星下方にて発見される。
   宇宙物理学の権威、ニタライ博士によりこれを利用した
   太陽系外宇宙探査の可能性が示唆される。

   太陽系惑星連合議会、宇宙開発関連の予算枠500%増を
   即日で可決。

   関連企業の株価、大きく上昇。
   ラリー・インダストリー、大幅な設備投資を開始。



2490

   X611、【ネビュラ・リーヌ(星雲航路)】と名称される。
   連合政府主席レナンジェス・フォーリナーにより
   外宇宙探査計画『プロジェクト・アヴァント』開始。



2497

   各種探査機、衛星群による調査の結果、【リーヌ】対称点が
   太陽系から約276光年離れた空間にリンクしていることが、
   判明。無人の探査衛星の更に多数がリーヌへと投入され、
   機械類、人体に掛かる影響の無いことが確認される。


   史上初の有人探査船『りゅうおう』、エウロパより発進。



2505

   有人探査船『りゅうおう』、欠員一名を出すものの無事に帰還。
   リーヌ対称点、その光年未満の位置に星系の存在と、
   G型惑星(地球型惑星)が存在する可能性を示すレポート。

   星系、データ精査の後に『アポロン星系』と命名される。

   太陽系惑星連合、探査計画『プロジェクト・アヴァント』の
   内容を大幅に修正、移民計画としての『プロジェクト・アヴァント』、
   スタート。

   移民船団の建造と、人員選定の開始。

   太陽系惑星連合宇宙軍所属、シモーヌ・シュバリエ大佐、
   移民船旗艦『アヴァント』艦長、並びに移民船団司令官
   として内定。

   

2510

   史上初、第一次星間移民船団『アドヴァンス』、旗艦『アヴァント』を
   筆頭に火星沖を進発。選抜された五千名と共に太陽系を旅立った。



2520

   移民船団『アドヴァンス』、アポロン星系第四惑星に到着。
   食糧自給率の確保を最優先課題とし、開墾作業他、を
   重点的に開始。

   シモーヌ・シュバリエ、G2と呼称されていた惑星を
   『エテルナ』と命名、惑星連合本国に打診。

   シュバリエ大佐、暫定的な大統領としての指導と政務を開始。

   アポロン星系内開発にアクシデントが発生、タイム・スケジュールに
   微妙な誤差が発生するも、人的被害であった為、深刻なものとは
   ならず。

   同年末、宇宙ステーションと第二衛星『リリス』のマス・ドライバー
   施設、遠隔による実験稼働開始。


2530

   『太陽系惑星連合自治星エテルナ』正式に発足。

   史上初の国民総選挙により、シモーヌ・シュバリエが正式に
   初代大統領として認められる。

   知的育成と系内探査、開発を重視する政策。

   同年、『ラツィオ酒造』創設。エテルナ史上初の、株式会社となる。


2571

   シモーヌ・シュバリエ、老衰により逝去。85歳。
   二代目大統領、トワ・マキシス就任。初代大統領の
   政策を基本的に維持していくことで国民の理解を得る。

   移民船団、第三次から第六次、到達。

   太陽系惑星連合内で、優秀な頭脳の流出が小さな
   問題となり始める。



   ・
   ・
   ・


2750

   『エテルナ』の著しい経済成長により、連合本国との
   経済格差、消滅。



2777

   ヒムラ・キリオ(日本自治区)、
   リンダ・フュッセル(ヨーロッパ連合機構)誕生。



2785  

   マキーナ・ローゼンベルク(首都アルタミラ)誕生。



2786

   クリストファ・アレン(?)誕生。
   ソフィ・ムラサメ(日本自治区)誕生。


2800


   クリストファ・アレンとマキーナ・ローゼンベルク、別離。




2804

   クリストファ・アレン、小笠原のパイロット士官学校入学(戸籍年齢17才)



2805

   第一次火星沖会戦勃発。

   クリストファ・アレン(18)、その戦功により、准尉から【大尉】へと異例の昇進。



2806

   クリストファ・アレン大尉、高機動駆逐艦『エクスィード』艦長に就任。
   同年、ソフィ・ムラサメ中尉、副艦長として就任。



2808

   エテルナ独立宣言。



2809

   太陽系において、軍事クーデター勃発。



2809.06

   クリストファ・アレン大尉(22)、【少佐】に昇進。同年9月、【大佐】へと昇進する。



2809.09

   クリストファ・アレン、ヒムラ・キリオ、共闘を決意、結託。
   新造艦アルティマを奪取し、エテルナへ。


2810.03.31

   『アルティマ』、アポロン星系へと到達。



2810.04.02

   クリストファ・アレン、エテルナ大統領ジャニス・
   ハッシュポピと会談の場を持つ。

   同日、事実上の『エテルナ防衛計画』発動。

   大統領権限に基づく、シモーヌの遺産の発露。




2810.04.03

   緊急立法。事実上のエテルナ自衛隊の発足スタート。
   航宙、航空警察に大統領権限による要員確保令の
   開始。

   同時に、エテルナ初の国債発行開始。



2810.04.04

   ヒムラ・キリオ、他による技術指導と共に航宙戦闘
   艦艇の建造開始。同時に、フラグシップとしての
   『エターナル2』の建造確定、開始。



2810.04.20

   国民総選挙を待たずして、大統領権限、シュバリエに
   よる『エテルナ自衛隊』発足。

   統合幕僚長としてクリストファ・アレン、任命。
 

2810.04.30

   連合野党による大統領罷免決議を求める国民投票の実行。

   圧倒的多数による支持により、ジャニス・ハッシュポピ
   再選。

   エテルナ自衛隊、ここで改めて公式の存在となる。


2810.05.23

   クリストファ・アレン、式典中に狙撃を受けるも、
   負傷には至らず。

   犯人は射殺、背後関係は不明のまま。

   警護責任者であるマリベル・リンス、辞表を提出するも
   幕僚長はこれの受領を拒否。



2810.07.01

   エクレール・フォルティシモ、アテナイ島は航宙自衛官
   養成学校へ入学。アレドヤル・オースティン、ラスティ・
   ハーヴェイとの邂逅。



2810.11.17

   エテルナ側、リーヌ面から所属不明の宇宙要塞出現。
   『エテルナ自衛隊』、即日に交戦を決意、実行。

   統合幕僚長クリストファ・アレンからの要請に基づき、
   大統領権限による『国家総動員法』発動。

   『ライト=ブリンガ』、人型兵器との交戦、格闘、撃破も、
   被弾。


   『ライト=ブリンガ』主OSである『アテナ』、
   航宙自衛隊所属ミランダ・ルヴァトワ二尉を臨時の
   主人と認識、起動、発進。


   EF(エスカトス・フレーム)『ジャンヌ』、襲来。



2810.10.25

   『ライト=ブリンガ』、『コード:16.7』、統合幕僚長を
   抱えて出撃。

   クリストファ・アレンの咆哮。  



光暦65年?

   マリーカ・フランシス、その生涯で最後の手記。
   クリストファ・アレンを忍ぶ、その内容は
   しかし賛否両論。




◆ ◆ ◆ (以下、時間軸不明、詳細不明) ◆ ◆ ◆



???

   『ライト=ブリンガ』擱座(かくざ)。
   クリストファ・アレン、死亡(?)。

   同翌日、組織としての『F.O.R.C.E』結成を
   ヒムラ・キリオが発表。



光暦元年?

   クリストファ・アレン(?)による『F.O.R.C.E』
   結成演説。



???

   『ルーシファ』、ソフィ・ムラサメに依り起動承認。
   『クリス』モジュール、開放。

   最終作戦『Bring the RLights』発動。

   F.O.R.C.E、全戦力を投入。



???

   カレン・ムラサメ、誕生。



???

   RLシリーズ、プロト19『舞姫』ロールアウト。
   ヲチミズ・アスカ、スメラギ・コウ他、高適合
   候補生として『F.O.R.C.E』入隊。


   同日、『ライト=ストライカ』、0号機『N.O.I.R』と
   しての換装作業開始。

   翌日、『ゲイボルグ』、ユキト・ムラサメ・ルヴァトワ・
   アレンを主人として認識。

   

(2008現在)
posted by 光橋祐希 at 22:23| 【The RLight=Bringer】Chronicle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。